4期目の活動開始!

 長崎県議会議員選挙は平成27年4月12日投票の結果、皆様のご支援を受けて見事第1位で4期目の当選を果たすことができました。ここに改めて感謝申し上げます。改選後の会派は民主党議員5名、社民党議員2名の7名で「改革21」を結成し、その会派代表に私が就任し4期目の活動を開始しました。

  また、平成24年7月から就任していた県議会議長は4月29日をもって退任しました。約2年9ヶ月間、貴重な体験をさせて頂き、この経験を生かし今後の県政の活性化に向けて全力で取り組んでいきます。

 長崎県は現在、人口減少、県民所得の向上、景気雇用対策など多くの課題を抱えていますが、世界遺産など長崎県独特の歴史と文化を大切にし、海の囲まれた水産資源、肥沃な農業資源を生かし、かつての出島が西洋文化の窓口として栄えたように、アジアの窓口として将来を見越した政策を打ち出して長崎を活性化していかねばなりません。

  今後とも県民の皆様の声を大切にし、県政の改革を止めることなく、県勢の浮揚に向けて全力で頑張っていきますので、今後とものご支援をよろしくお願いいたします。

 

平成27年5月 長崎県議会 わたなべ敏勝

定例議会におけるわたなべ敏勝の一般質問はコチラからご覧いただけます

近況報告※写真をクリックすると拡大表示されます

新議会議場

1月11日 新議会議場で開場式

 新県庁が完成し、年末年始に引っ越しをして新議会議場の開場式が議会等の新議場で開催されました。八江県議会議長が開場にあたっての挨拶を行い、中村知事からも新議場開場にあたってのお祝いの言葉が述べられました。

 新議場は5階建ての議会棟として建設され、傍聴席は4階に300席用意されています。議員の控え室は5階にあり、1階の受付で申し込みをすれば控え室まで来ることができますので是非訪問してください。

 

 新議場での県議会は3月5日から始まり、私が3月9日の午後2時40分から一般質問をする予定です。是非新しくなった議場を見学を兼ねて議会傍聴に来てください。


新県庁舎で初仕事

1月4日 新県庁舎で初仕事

 新県庁舎の完成に伴い、昨年末から引っ越しの準備が大変でした。机の中を引っ張り出すといろんなものが出るわ出るわ!この際思い切って断捨離して、身軽になって新庁舎に引っ越し。

 議会棟は道路からの入口右にあり、会派の控室は5階になっています。控室にはまだ段ボールの箱がたくさんあり、まずは自分の机の周りから整理整頓し、初仕事をしていきました。

 新しい県庁舎はまだどこに何があるかわかりませんが、徐々に分かってくると思いますので、ぜひ1度議会棟に来てみてください。

 

 見晴らしのいい県庁舎になっていますよ!


1月1日 川原海岸から初日の出

川原海岸からの初日の出

 皆様明けましておめでとうございます!

 今年もよろしくお願いいたします。

 今年も初日の出を拝みに川原の海岸へ妻と出かけました。家を出発時には、くもり空のため心配していましたが、雲の切れ間から見事な初日の出を見ることができ、今年の健康と平和を祈願しました。

 今年は犬年です。今年が皆様にとってワンダフルな年となることを祈念いたします。私も今年1年、健康に留意してオンリーワンの長崎県づくりに頑張っていきたいと思います。

 今年1年もよろしくお願いいたします。


わたなべとしかつだより1月号

12月26日 わたなべ敏勝だより1月号を発行しました

 わたなべ敏勝だより1月号(No60)を発行しました。

 主な内容としましては、11月定例議会で決定した補正予算の内容や農水経済委員会報告、昨年10月から一年間の活動の軌跡を掲載しております。

 

詳細につきましては

>>「わたなべ敏勝だより1月号」

からご覧ください。

 

 表紙の写真は新県庁舎です。2018年からはこの新県庁舎で気持ちも新たに県民の生活向上に向けて活動を展開します。2月議会では新しくなった議場で私が一般質問をするようになっていますので見学を兼ねて是非傍聴に来てください。


新幹線まちづくり 新幹線まちづくり2

12月3日 新幹線まちづくりシンポジウム

 「フル規格で西九州の未来を語ろう!」をテーマに、佐賀県嬉野市で開催された「新幹線まちづくりシンポジウム」に長崎県議会新幹線建設促進議員連盟の副会長として参加してきました。

 主催は嬉野市、武雄市、長崎市、諌早市、大村市の新幹線を活かしたまちづくり協議会で嬉野市長が主催者を代表して歓迎のあいさつを行い、佐賀、長崎選出の国会議員から祝辞を受けました。基調講演はJTB総合研究所の中根 裕氏から「高速交通網と地域の観光」を主要課題に、新幹線が導入された都市の事例をあげ、具体的に活性化された街の紹介がありました。

 第2部は「新幹線を生かした魅力ある街づくり」をテーマにパネルディスカッションが行われ、各市の商工会議所代表、西九州ルートで肥前の殖産を実現する会、各市の市長から新幹線に期待する発表がありました。

 

 5年後の平成34年には、武雄温泉駅で新幹線から在来線に乗り換える「暫定・対面乗換方式」が導入されますが、この集会では乗り換えなしで関西方面に行ける全線フル規格化に向けた取り組みを更に強化することを確認しました。


<<過去の近況報告